ヒゲを薄くする抑毛ローションの効果

除毛クリームや、抑毛ローションはほぼ気休め

抑毛ローション

ヒゲ剃り後に、肌に塗ることでヒゲが薄くなるローションなども販売されていますが、これらのローションを使用してヒゲが薄くなるか?というと、残念ながらほとんど効果はないようです。

 

抑毛ローションを使っている方によると、

 

・1年間使ってもヒゲは薄くならない
・ヒゲの青さはなくならない
・ヒゲ剃りが不要にはならない。期待ハズレ。
・3年間毎日使用していますが、顔の髭には効果がありません。
などなど、1年から3年使っても、ヒゲには効果がないという方も多いのです。

 

 

他に、
・塗ったその日は、少し生えるのが遅い気がする
・塗ったらヒゲが柔らかくなった気がする。
・カミソリ負けがなくなった
・塗るのをやめたらまたワサワサ生えてきました。

 

という感想もありますが、塗るのをやめたらワサワサ生えてくるということは、毛根が全くダメージを受けていない証拠です。
ということから、塗り続けてもほぼ脱毛、減毛の効果はないようです。

 

確かに、ローションを塗ることによって、ヒゲが水分を含み、柔らかくなることは確かでしょう。
また肌も柔らかくなるのでカミソリの刃のすべりが良くなり、カミソリ負けをしにくくなるということも事実だと思います。

 

しかし、青ひげになるくらいに濃い、硬いヒゲを、このローションで生えなくすることができるかというと疑問が残ります。

 

このように、ヒゲが薄くなるという言葉につられ購入してしまいがちなローションですが、 1本5000円以上するものもあり、1年間使えば6万円以上の出費となります。
3年使えば20万円近くかかる計算です。

 

これで青ひげが解消されればまだましですが、そのような効果は期待できません。
というわけで、抑毛ローションは本当に青ひげを何とかしたい、という方にはおすすめしません。
やはり、しぶといヒゲの毛根部分にダメージを与えるには脱毛器を使うか、エステに通うことが必要でしょう。

 

抑毛ローションに出費するくらいなら、はじめからクリニックなどに通うか、高性能な脱毛器を購入されることをおすすめします。