前回の効果と、5度目の脱毛について

さて、4回目くらいからかなり効果をはっきり感じるようになり、ケノンでの脱毛も5回目を迎えることとなりました。

 

今回は、ついにレベル10に挑戦することにしました!

 

ケノンの最大レベルの照射パワーがどの程度の物であるか、ビビリの僕としてはちょっと腰が引けながらの挑戦でもあります。

 

いつものように△▽ボタンでレベルを調整し、「ピッピッ、ピーッ」の音を合図に緊張しながら照射ボタンをオン!
「バチバチッ!」っと、光と共に刺激が...。
でも、痛みはそれほど強くありませんでした。

 

ただ、今までよりも、照射後にほてりが長く続く感じがしました。
なので保冷剤は必須アイテムです。
鼻の下などは照射したらすぐ保冷剤で冷やすようにしました。

 

レベルを上げるに従い、刺激も強くなりますが、結局、肌のトラブルが起こったことは一度もありませんでした。
トラブルどころか、肌の状態はだんだん良くなっていったように思います。

 

さて、肝心のヒゲですが、今回は4回目の時よりさらにヒゲが薄くなったのではと感じています。

 

あごから首にかけての写真が分かりやすいので載せておきます。
ケノン5回目

 

この写真は、ケノンのレベル10で照射直後のため、少し肌に赤みが残っています。
※この赤みは翌日にはすっかり消えました。

 

あと、頬は青ひげの原因であるヒゲの断面が、かなり目立たなくなってきたと思います。

 

全体的にはこんな感じです。
ケノン5回目
鼻の下などまだ青い感じがしますが、ほんの1ヶ月前の自分と比較してみると、格段に青ひげが解消されたと思います。

 

考えてみたら、毎回、ヒゲに照射している時間は5分くらいなので、
実質照射時間は5分×5回で約25分です。
それで、この効果というのはかなり良いと思います。

 

「自分で脱毛なんて面倒くさいからエステに行く!」という選択をされる方もいるかと思いますが、
ケノンの手軽さを知ってみると、いやいや、脱毛器も賢い選択ではないかなあと思わざるをえません。

 

コンセントにグサッと差して、ボタンをピッと押せばスタートですからね。
真夜中であろうと、明け方だろうと、風呂上りだろうと、パジャマでもパンツ1枚でも、思い立ったらすぐ脱毛できるというのは何とも便利なものだと思います。

 

予約して、時間かけてエステまで出向いて、毛穴に針さされたり、勧誘されたり、キャンセル料取られたりする煩わしさを考えたら、
家で10分弱で脱毛できるケノンを選んで僕は正解だと思ってます。

 

他の部分の気になるムダ毛にも使ってみました。